感動したい

【フリー小説】瞬読の少年

少年と少女が玄関の前に立っていた。

「ヒロユキ君の家って、大きいねー」

アズサは玄関を見上げた。それを見てタケルの眉が動く。

「なんだよ。オレん家のほうが大きいし。いいからピンポン押すぞ」

タケルは一歩前に出て、チャイムを押した。

ピンポーン

しばらくすると玄関が開き、別の少年がひょっこりと姿を現す。

「おう、ヒロユキー!」

「やあ、いらっしゃい。どうぞどうぞ」

彼の手招きにつられて、アズサとタケルは彼の家に足を踏み入れた。

「わあ、広い。うちと大違いだよ。あ、あれ見て。綺麗な花瓶!」

アズサは、その洋風な間取りに終始はしゃいでいた。タケルも感動していたが、その一方で少しいらだっていた。

なんだよ。ちょっとスゴイだけじゃないか。そこまで、はしゃぐことじゃねえよ。なんか楽しくねえな。ちぇ。

そして二人はヒロユキの部屋まで案内された。

「ここが僕の部屋だよ」

勉強机に教科書。そしてランドセル。そこまでは普通だったが、一番目を引いたのはその後ろだった。

「スゲエ……。こんないっぱいの本、見たことねえ」

壁が本棚で出来ていた。しかも、そのすべてにぎっしりと本が埋まっている。

「スゴイでしょ。二人に見せたかったのは、これのことだったんだ」

「本読むのが好きって言ってたもんね」

「そうそう。お小遣い貯めてコツコツ埋めたんだ」

「ねえねえ。何か面白いのある?」

「うーんとね、これなんかどうかな……」

「あ、それアズサ見たことある!」

「オ、オレも見たことあるし」

「えー。うそだー」

それから、ヒロユキとアズサの会話が始まった。タケルも話に入ろうとするが、まったくついていけない。教科書以外の本を読んだことがない彼にとって、それは無理な話だった。

つまんねー。来なければよかった。

そう思って本棚を眺めていると、ある漫画が目に入った。見たことがない漫画だったが、なぜか同じものが二つある。

「……それが面白くて、一日で読み終わっちゃったよ!」

「スゴイ! 読むの早いんだねー」

ふと耳に入り、タケルの怒りはついにピークに達した。

「なあ、ヒロユキ」

「なに?」

「そんなに読むの早いって言うなら、オレと勝負しようぜ!」

「え……どうしたの急に」

「うるせー!」

すかしやがって。前々からそういう大人っぽい態度にムカついていたんだよ!

「漫画一冊、早く読んだほうが勝ち! 判定は、アズサがする! ちょうどこいつが二冊あるからな」

そう言うとタケルは、さっき見た本棚から二冊の漫画を抜き出した。一冊をヒロユキに投げ渡す。ヒロユキは慌てて受け取った。

「ねえ、なんで同じのが二つあるの?」

「はは……。間違って買っちゃったんだ」

「おい、話聞いてんのか?」

「うん。でも……」

「なんだ。負けるのが怖いのか」

「そうじゃないけど」

「じゃあ、始めよーぜ。はい、よーいドン!」

タケルは漫画のページをめくった。「ええ……」と困惑しながらヒロユキも後に続く。

「ちゃんと読まないとダメだからな! 後でアズサにクイズ出してもらうから」

「アズサはおっけーだよ!」

タケルは次々とページを進める。文字は苦手だけど、漫画は別だ。こいつを初めて読むにもかかわらず、内容がスラスラと頭に入ってきた。

ちらりとヒロユキを見る。その手はあまり進んでいないようだ。よしよし。かっこつけて小説ばっかり読んでいるからだ。

アズサは二人を見るのに飽きたのか、本棚から可愛らしい装丁の本を取り出して、それを読み始めた。

それから何分たっただろうか。最初に本を閉じたのは、タケルだった。それに続いて、ヒロユキが本を閉じる。ほとんど互角だったが、タケルのほうが一枚うわてだったようだ。

「はい、オレの勝ち。おまえの負けー」

ヒロユキはムッとした顔になって言った。

「まだ続きがあるでしょ」

「そうだよ。アズサのクイズ大会だよ」

「そんなの知らねーな」

「おい。さすがにそれはズルいぞ」

「わかったよ。いちいちうるせーな」

タケルはしぶしぶアズサに読んでいた漫画を渡した。なんだかんだ、アズサはクイズに乗り気だ。彼女はもらった漫画をペラペラとめくる。

「はいじゃあ、第一問! 主人公は何歳でしょう?」

二人はクイズ番組でよくやるように、答えをメモ帳に書き出した。

「では、みなさん。フリップをどうぞ!」

アズサが大仰にうながす。

「フリップじゃないけどね」

二人が同時にメモ帳を見せる。

「十七歳」

「十七歳だ! こんなの簡単すぎる」

「お見事! お二人とも大正解です」

タケルは鼻息を荒くした。オレの記憶力をなめてもらっちゃ困る。どんどん来い、アズサ。こいつに参ったと言わせてやる。

「第二問。うーん。主人公のママの名前は?」

「……!?」

なんだ? 二問目から急に難しくないか? というより、主人公の母親の名前なんか出ていたか?

タケルはヒロユキを見た。ヒロユキはすでにペンを走らせている。

くそ。思い出せ、オレ。何かそれっぽい名前を思い出すんだ。タケルはやっとの思いでメモ帳に答えを書いた。

「では、フリップをどうぞ!」

「藤原きらら」

「フジワラノ……きらら」

「おい、わからないようにぐちゃぐちゃに書くなよ」

「う、うるせー」

「タケル君、ぶっぶーだよー」

「くそ……。クイズは五問あるからな!」

「次から次に新しいルールを……」

それから、クイズは第五問まで続けられた。

そして結果はヒロユキが四問、タケルが二問正解だった。読む速さはほぼ互角、読む正確さはヒロユキの圧勝だった。

タケルはその場に崩れ落ちた。

「くそ……何かの間違いだ!」

「これは、タケルが言い出したことだよ」

う……。タケルは苦し紛れになって、言った。

「これはインチキだ! どうせ何かインチキしたんだろ!」

「うん。インチキしたよ」

「な……!?」

思わぬ返事に、タケルは言葉が詰まった。

「だって」

ヒロユキは意地悪く笑った。

「これ読んだことあるもん」

タケルはこの漫画が、彼の本棚にあったのを思い出した。

「……それを、先に言えよー!」

「だってタケルが勝手に話を進めるから」

「うるせー! 一発殴らせろ!」

「ええー!」

タケルは拳をあげ、ヒロユキを追いかけた。ヒロユキは部屋中を逃げ回る。

アズサはそのドタバタの様子に、隣でクスクスと笑っていた。

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。