感動したい

【フリー小説】白濁色の画伯

白濁色の画伯

額から出た汗は、頬をつたい、あごの先から落ちる。その先はパレットの白。

筆は、一心不乱にそのパレットをかき回す。純粋な白が微かに濁った。

N氏は画家だった。数々の賞も授与されていおり、地位も名声も人並みにあった。

そして彼は今、自身の展示室に飾る絵を描いていた。

それは龍だった。緻密なウロコ、迫力のあるヒゲ。すべてが荘厳で、力強くも美しい。

しかし完成間近にもかかわらず、彼は一向に悩んでいた。どうも龍の白目が気に食わない。ウロコやヒゲはすぐに納得がいったというのに。

絵の具から出された白は、そのままでは白すぎる。黒を混ぜるが、その加減がうまくいかず、すぐ使えなくなってしまう。

そうして試行錯誤の地獄が始まった。

絵の具から白を出しては、別の色を混ぜることの繰り返しだった。夜はすでに更けていた。

そしてある時、指に激痛が走って、思わず筆を落とした。見てみると、指にできていたタコがつぶれている。しかし、彼は絆創膏でその処置をすると、またすぐに再開した。

指の痛みは治らなかった。しかし、納得する白を見つけるために、ここでやめるわけにはいかない。

彼は時が経つのを忘れ、ひたすら試行錯誤を続けた。

頭痛がする。

腰が悲鳴をあげる。

絆創膏に血がにじむ。

それでも、彼は苦痛に耐えて続けた。

そして、夜明けごろ、ついにそれは完成した。

見るも見事な、洗練された白だった。落ち着きと存在感の両立。主役の黒を最高に引き立たせる、名脇役と言ったところか。

彼は一息つくと、早速その白で龍を完成させた。完璧だった。白のおかげで全体が見事に調和されている。

そして、彼は一階の展示室にその絵を飾ると、しばしのあいだ悦に浸った。

「新作ですか?」

後ろから声をかけられた。朝の常連客だ。

「はい。たった今できたばかりの新作です」

「ほほう。やはり先生の作品は、いつ見ても素晴らしい」

「それはありがたいことです。ちなみに、この作品にはひとつ、こだわりがありまして……」

「ええ、みなまで言わずともわかりますよ。ウロコですね。この緻密さは先生ならではですから」

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。