感動したい

【フリー小説】しりとり国家資格

しりとり国家資格

「あなた。郵便が届いていたわ。何かしら」

妻は玄関から戻ると、オレにA4ほどの封筒を手渡した。もしかして、あの試験の結果が送られてきたのか。そう思うと、オレの背中に緊張が走った。

オレはそれを受け取ると、ハサミを持ってきて慎重に封を開けた。心臓がばくばくと鳴って止まらない。

そして中を見た。入っているのは一枚の紙のようだった。オレはそれをさっと取り出すと、書かれている内容を見た。そして思わず、ガッツポーズを決めた。

「よし、合格だ」

「あら、あなた。資格の勉強していたのね。気づかなかったわ」

妻がオレから合格通知書を取ると、その内容を確かめた。すると、妻は首をかしげた。

「……しりとり士? 初めて聞いたわ、そんな資格。何なのこれ」

「最近できた国家資格だよ。ほら、国が国民の語彙力不足を解消する政策を挙げただろ。その一環だよ」

「何も、しりとりに資格をもうけなくてもいいと思うけど」

「オレに言っても、しょうがないだろ。国が決めたことなんだから。それに簡単じゃないんだぞ」

オレは妻から通知書を奪い取ると、額縁に飾った。やはり額縁があると、見栄えも変わっていいものだ。オレは額縁を寝室に飾った。

そして夕方、息子がランドセルを背負って帰ってきた。

その顔を見ると、どうやら何か悲しいことがあったらしい。しょんぼりとしている。それを見てオレは心配になった。何かいじめにでもあっていないだろうか。

夕飯時に、それとなく言ってみることにした。

「なあ。学校で何かあったら、迷わずオレや母さんに言うんだぞ。一緒に考えてやるからな」

「うん」

それからしばらく、息子は黙って箸を動かしていたが、決心したかのように口を開いた。

「父ちゃん」

「どうした」

「どうやったら、しりとりって上手になるのかな」

「しりとり?」

「うん。全然勝てないんだ。それで、友達に弱すぎるってバカにされているんだ」

そうか、なるほど。だから、あんなにしょんぼりしていたのか。

「そうか。それは、父さんが教えてやる。父さんはしりとりの達人なんだ」

「そうなの?」

「ああ。しりとりに勝つ方法は、まず単語をいっぱい覚えるところからだが、それはすぐにできることじゃない。コツコツの積み重ねだ。

即効性のあるテクニックとしては、そうだな、簡単なのは最後の文字を同じにして相手に返すことだ」

「どういうこと?」

「たとえば、『い』で来たら『いくら』、『こ』で来たら『こあら』で、最後を『ら』にして相手に返すんだ。

『ら』が最初の単語は少ないから、相手はいつか言葉につまるようになる」

「へえ。そうなんだ。もっと教えて」

オレはそれからも、しりとりに勝つ様々なテクニックを息子に話した。それを聞く息子の目は輝いていた。そして、オレもそれを見て嬉しくなった。

こんなに早く資格が活きてくるとは思わなかった。しかも、一番大事な家族に対して。

「父ちゃん、ありがとう。これで負ける気がしないよ。明日友達にぎゃふんと言わせてやる」

息子は大げさになぐるフリをした。

「ああ。思う存分やってこい。でも、やり過ぎはダメだからな」

「ちょっと。おしゃべりに夢中なのはいいけど、ちゃんと食べなさいよね」

妻が会話をさえぎり、息子の皿を指さした。そこには、息子が嫌いなニンジンとピーマンが残されている。

「ええ。だって、苦いんだもん」

「好き嫌いしたら、強い大人になれないわよ。食べなさい」

「はあい」

息子は仕方がなく、ピーマンを口に運んだ。すると文字通り苦い顔をした。しかし、本当に素直でいい子だ。

「ほら、あなたも」

妻は指をさした。オレの皿に残っているのは、息子と同じくニンジンとピーマンだった。それを見ると、オレは苦笑いして妻に言った。

「すまない。これは好き嫌いじゃなくて、職業病なんだ」

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。