感動したい

【実践的で楽しめる】フリーホラーゲーム英語勉強法の魅力3選!

フリーホラーゲーム英語勉強法の魅力3選

こんにちは、ぱっちーです。

今回は、様々な英語勉強に挫折している方にオススメの英語勉強法「フリーホラーゲーム勉強法」について、解説していきたいと思います。

「英語を勉強して、海外に行きたい!」
「TOEICの点数を上げて、昇給したい!」

そう思っても、いざ、いろいろ調べて、教材を買ってはみたものの、長続きしなかったり、結果が出ずにつらくなったり……

なかなか難しいものです。もっと楽しく学べる方法はないものか、私が試行錯誤して見つけた結論がフリーホラーゲーム勉強法です。

それでは、解説していきましょう!

フリーホラーゲーム勉強法の魅力3選

ホラーゲーム勉強法1フリーホラーゲーム勉強法とは、文字のごとく、海外のフリーホラーゲームを使った英語勉強法です。

この勉強法の魅力は3つあります。

  1. フリー、つまり無料!
  2. 恐怖体験によって、印象が残りやすい!
  3. セリフを止めるのが楽!

フリー、つまり無料!

インターネットで公開されているフリーゲームなので、Windowsのパソコンとインターネットがあれば即実行できます。

また、ゲームをパソコンにダウンロードするだけで、学習を始めるのにほとんど時間はかかりません(ブラウザ上で遊べるゲームに至っては、ダウンロードする手間もなし!)

これまでかかっていた教材を調べ、購入し、取り掛かるまでの時間が削減されるのです。

恐怖体験によって、印象に残りやすい!

正直、英語でプレイできるものなら、何でも教材になるのですが、私はホラーゲームを特にお勧めします。

なぜなら、ホラーゲームならではの恐怖の演出が、記憶の手助けをしてくれるからです。

ホラーに特化する唯一のデメリットとしては、ホラー演出に関する知識に偏ってしまうことですかね。

しかし、ホラーの名作というのは、壮大なヒューマンドラマが隠されてますので、完全なオタク用語になる可能性は低いです。

セリフを止めるのが楽!

フリーホラーゲーム勉強法に似ているのが、洋画を使った方法です。

吹き替え無しで、字幕を日本語すると、リスニング力。英語にすると、リーディング力が鍛えられるのですが、この方法には欠点があります。

それは、英訳を確認するのにいちいち動画を操作しないといけないということです。

字幕を日本語、英語と変えたり、セリフごとに一時停止したり。進みすぎてセリフが消えてしまい、少し戻して、タイミングよく止めなおしたりすることも少なくありません。

それに比べ、ゲームを使った勉強法なら、ボタンを押さない限りセリフが流れることは基本的にありません(演出で勝手に進んでしまうこともありますが)。

あと、ゲームによっては会話のログが残っている場合もあります。その場合、もしセリフが流れてしまっても、そこから原文を確認することができます。

フリーホラーゲーム勉強法のやり方

ホラーゲーム勉強法2以上が、フリーホラーゲーム勉強法のメリットです。

次に、その実践方法を説明しましょう。

といっても、方法は簡単で、海外のフリーホラーゲームを調べて、ダウンロードして、英語でプレイするだけです。

有名なフリーホラーゲームのサイトは以下の通りです。

これらのサイトから、気になるゲームをダウンロードして、英語でプレイしていきましょう!

ここで、学習スタイルについて3つ紹介します。

  1. 1周目は雰囲気を楽しむ(意味を調べたりしない)。2周目に意味を調べる。
    最初はなんのこっちゃなんですが、意味を調べるとそれが伏線となって面白いです。
    デメリットは同じ操作を繰り返すので、そこに飽きてくることです。
  2. 1周目からセリフの全文を翻訳していく。
    セリフの都度に意味を理解する方法で、リアルな展開を楽しむことができます。
    デメリットは、物語が全然進まないこと……。
  3. 1周目に知らない単語をまとめて、後で調べて、2週目をプレイする。
    セリフの単語をすべて理解する必要はなく、最初はだいたいの意味が分かればいいというやり方です。
    デメリットは、だいたいの意味すら分からない可能性があること、そして、あとで単語を調べるときに原文がどうだったか忘れてしまうことです。

自分に合ったスタイルで、英語を習得していきましょう!

ゲーム画面から英文をテキストとして取り出す際には、Capture2Textが便利です。
(「Download Latest Version」をクリックするとダウンロードされます)

まとめ

ホラーゲーム勉強法3以上、フリーホラーゲーム勉強法の解説でした。

ホラーゲーム本来の楽しみ方をしつつ、英語を勉強できるなんて、まさに一石二鳥ですね。

映画や教材を使って勉強するのもいいですが、こうやって実際に海外の方が作ったものから学べることは多いはずです。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。