感動したい

【フリー小説】さつき波の都 #6 廃校探索ノ章2

さつき波の都

職員室は、ゴミ置き場のように見えた。

錆びた机。椅子には土ぼこりが溜まっている。立てかけられた紙の書類は黄ばみ、端からもろく崩れそうだ。

「マサヤンの机は  

イブキが奥に向かう。一番右奥の六席で固められたグループ、その窓際の真ん中で立ち止まった。

「あれー?」

イブキは首を傾げた。

オサムがしぶしぶ後につく。職員室で得るものは何もなさそうだった。

「おかしいねえ。これにその証拠写真がある話なんだけど……」

机には木製のフレームだけが置いてあった。

オサムのまゆがピクリと動く。

写真がフレームに……無い? それにこのあたり、何か違和感がある。

イブキはよく確認しようと、それに手を伸ばした。そうか!

「ちょっと待った」

「え?」

オサムが手で制した。イブキはきょとんとして、こちらを見ている。

「ここ、よく見てみて」

フレームの足を指さした。ほこりが溜まっていない箇所がある。それは、フレームの接地面に酷似していた。つまり  

「一度、動かされた形跡がある。それも、ここ最近の話だ」

イブキの目が見開く。

「じゃあ……」

「うん。井上先生がここに来た可能性が高い」

「おおっ! マサヤンが生きてるんだね!」

大きな瞳がぱあっと輝く。

幸運だった。これがもし、朝の明るい時間でなかったら、机が窓際でなかったら、おそらく気づかなかっただろう。

しかし。オサムは不安そうに言った。

「ただ……」

「ただ?」

机の端を指さす。赤黒いものが微かにこびりついていた。

「血……」

「それに、この辺りの椅子が不自然に倒れている。長年放置されたって感じじゃない」

「それって……」

オサムはイブキの目を見つめた。しばらくの沈黙。そして静かに口を開く。

「もう一人いたってことだよ。井上先生と争った相手がね」

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。