感動したい

【フリー小説】海と月とバーテンダーと

海と月とバーテンダーと

海沿いでバーテンダーをやっていると、変わった客がやってくるものだ。

ゆらゆらと白く輝く地平線の上空に、輪切りのレモンのように淡く、きいろい満月がぽっかりと浮いていた夜。

私はいつものように、ロックグラスを磨いていた。

ちりんちりん

入り口を見てみると、そこには若い女性が立っていた。

飲み込むタイミングを虎視眈々とねらう背後の常闇。ベージュのワンピースは、それに負けじと咲く一輪の花。

これは珍しい

私は思った。ここで酒を振る舞っていると、海の男が寄り付くものだ。今日も例外になく、奥で漁師たちが馬鹿騒ぎをしている。

「いらっしゃいませ」

彼女に声をかけた。どうやらバーが初めてらしい。あたりを見てそわそわと揺れている。

「こちらへどうぞ」

私は彼女をカウンターまで導いた。

まあ。初めては誰にでもあるものだから。

そういった暖かい気持ちだ。彼女は静かにカウンターにつく。最近長いこと使われていなかったメニューを差し出した。

「何になさいますか?」

彼女は依然として落ち着かなかった。

不安という深海をふわふわと彷徨うパステルカラーの海月。

もしかしたら、メニューがカタカナばかりで、何を頼んだものか迷っているのかもしれない。

「……お決まりになりましたら、お呼びください」

「あの」

私は彼女を見る。深く、凛と澄んだ声。

「きれいで、光輝くカクテルを」

今どきの若い女性らしい注文。しかし、それがよかった。

海の輩はとにかく早く酔いたくて、アルコールがきつい、単純なものばかり頼む。まったく、つまらない。

「かしこまりました」

私は準備に向かった。久しぶりにバーテンダーの腕がなる。

洗練された手さばきでシェイカーを振り、消えて無くなるほど透明なグラスにゆっくりと注ぐ。

コースターを添え、彼女の目の前にそれを静かに置いた。

「お待たせいたました。ブルームーンです」

その淡い青のカクテルは、まるで木製の舞台に立つ、哀れで美しいヒロイン。

そして、窓からさすスポットライトに照らされ、よりいっそう輝いていた。

彼女は不思議そうに、それをよく観察すると、手に持って勢いよく飲んだ。

驚いた。一気飲みは危険だ。

案の定、彼女は咳き込んだ。私は急いで水を彼女の前に差し出した。彼女はそれを飲み、深呼吸をした。

どうやら落ち着いたらしい。

彼女はゆっくりとその口を開いた。

「ありがとうございます。久しぶりに外出できて、気になっていた場所にやってこれました。こんなに美しくおいしいお酒、初めてです」

「それは、嬉しい限りです」

「ついでに何ですが、私の身の上話でも聞いていただけますか」

「ええ。お時間はいくらでも」

彼女は深く息を吸った。彼女は今にでも消え入りそうな泡沫だった。

「私は生まれてこのかた、肩身が狭い思いをしてきました。友達という友達はおらず、ましてや出会いなど。そもそも、月に一度しか外に出られない決まりになっています」

相当家系が厳しい環境で育ったのだろうか。

「マスター。私はいつか、良い人に出会えると思いますか? 私のもとへ訪れる王子をひたすらに、ただひたすらに、待つことしかできないのでしょうか?」

王子と聞いて『ロミオとジュリエット』を思い浮かべた。そして、答えた。

「長いことやっていますが、似たような悩みをお持ちの方は多いようです。その方々に共通している解決策は一つ。自分を貫くということです。邪魔する運命に流されてはいけません。我を持って運命に抗えば、いつかは報われるというものです」

「運命に抗えば、いつかは報われる……」

「はい。あきらめてはいけません」

その瞬間、彼女ははっとして、小銭をカウンターに置き、外へ飛び出していった。

これでよかったものか。

私はその様子を見ていると、扉の向こうから水しぶきの音が聞こえた。

まさか。

私は急いで入り口を開けたが、彼女はどこにもいない。海を探したが、やはりその姿はなかった。

闇から響く波音は死へと導く子守唄。

手遅れだったか。

その時、遠くでカジキがはねるのが見えた。いや、カジキではなかった。月明かりに照らされた上半身は人の姿に見えた。

それを見た瞬間、私は呆然と立ち尽くした。

バーカウンターにあるのは、小銭よりも一際美しい虹色の貝殻。それは運命に抗う者の決意。

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。