感動したい

【フリー小説】せっちゃん:二日目

雪っちゃん

「それ、マジ?」
拓哉は、唐揚げを頬張りながら言った。
「そうなんだよ。気味が悪くてさ。」
結局、あの化け物はアキの横にいて、ずっと黙ったままだった。
たまに、アキと会話をしているようだったが、
僕には、アキが一人で喋っているようにしか見えなかった。

「もうちょい、バイト減らせよ。それか、病院行って見てもらえ。」
「ひどいな。本当なんだって。」
「オレは、非科学的なのは信じない派なんでな。」
でも確かに、あれから数週間経ったが、夢だったのではないかと思う。
いまだに、恐怖感はピリピリと残っていた。
今週末。
今週末に、アキと食事に行く約束をした。
バイトは、店長に無理を言って休ませてもらった。
できるだけ体調を万全にして、あの化け物を見たかったからだ。
「あー。午後の授業、だる。」
呑気な声が、食堂に響いた。

夜。
この間とは、別の駅に待ち合わせをお願いした。
前回と同じシチュエーションになるのが、怖かったのだ。
十分に寝てきたので、疲れでアキの親友が化け物に見える、という失礼なことはなさそうだ。
もし、アキがまた雪子さんを連れてきたなら、そのときは不遜な態度を謝ろう。
そう思いつつ、駅前で待っていると、後ろからいつもの軽快な足音が聞こえた。

「ごめん! 待った?」
「いや、待って・・・え!?」
思わず、後退りをした。
アキの隣に立っていたのは、以前と変わらず化け物であった。
真っ白な陶器でできた仮面は、数週間前と比べて、笑みが濃くなっている。
「ちょっと。せっちゃんと一緒なの、嫌?」
「・・・ごめん。」
「もう。せっちゃんも、もっと怒っていいからね。」
せっちゃんは、ずっとこちらをみて笑っている。不気味だった。

「さて、今日は〜イタリアンだあ!」
アキは、元気に拳を突き上げる。
いつもと変わらないアキに比べて、春彦は絶望感に満たされていた。
疲れが原因でないことが判明した今。
僕が異常なのか。アキが異常なのか。
それすらも、わからない。
冷や汗が、手のひらに満ちる。
帰りたい。そう思った。
そうだ。体調が悪くなったと言って、帰ってしまえばいい。
アキには悪いが、あれと一緒にいるのはもうたくさんだ。
「アキ。」
「どうしたの?」
「ちょっと、体調が・・・。」
言いかけて、止まった。
待て。ダメだ。何をしているんだ僕は。
アキが、この化け物に騙されている可能性だってあるだろ。
何かあってからでは遅い。
「いや、なんでもない。行こう。」
「変なの。」
春彦とアキは、歩き出した。雪子は、じっと二人を見つめ、静かに動き出した。

ABOUT ME
ぱっちー
ども、チャチャタメの管理人でございます。